旭川市住吉6条1丁目 TEL46―8888

 旭川新道に近い住吉の住宅街にあるレストラン「HACHI(ハチ)」にお邪魔しました。八月二十八日にオープンしたばかりです。

 広い店内にはカウンター席とテーブル席の他に小上がりが三卓あり、グループ客にも好評です。カウンター内とホールは兄の岩井唯行さん(31)が、厨房は弟の健行さん(28)が、兄弟二人で切り盛りしています。二人の両親は嵐山でレストランを経営していて、その影響を受けて店を始めました。

 ランチメニューはロコモコ(九百八十円)、カツカレー(九百八十円)、ビーフカレー(七百八十円)、チキン南蛮(八百八十円)など洋食がメイン。なかでもエスカロップ(九百八十円)は一番人気のメニューです。

 エスカロップはバターライスにトンカツを乗せてデミグラスソースを掛けた根室発祥のご当地グルメです。バターライスとソース、トンカツとソース、トンカツとバターライス、どれも相性がぴったりの組み合わせで、子どもから大人まで男女関係なくペロッとたいらげてしまう一皿です。

 また、ランチメニュー全てにデザートのミニパフェとドリンクがセットなので女性客には大好評です。

 ディナーメニューはアラカルトメニューが豊富です。どの料理も二、三人で取り分けるのに丁度良い量。お酒とおしゃべりを楽しむ雰囲気はまさにバルですね。カウンター越しの壁には九州の芋焼酎、赤霧島や魔王などがズラリと並んでいます。

 三人以上なら百二十分間の飲み放題が付いたコースプラン(二千八百八十円から)もお得です。「ご近所の人たちから長く愛される、息の長い店を目指します」と兄の唯行さん。

 ランチは午前十一時から午後三時、ディナーは午後五時から午後十一時まで。水曜定休。

(取材・草嶋一介記者)

ケロコのひとことメモ

 おいしいという噂を聞いて早速行ってみると、駐車場はいっぱい。満席でした。あきらめてウロウロしたけれど、どこもお休み。やっぱりここで食べる運命だったんだ!

 周りの人を見ると、エスカロップやカツカレーを食べています。エスカロップは聞いたことがあったけれど、食べるのは初めて。食べて納得です。おいしかった。

 気に入ったのがカツカレー。普段はあまり食べないけれど、これはおいしい。カツがサクサク、ルーも絶妙においしかった。サラダも良いし、今度は夜に来てみなくちゃ。