〈船釣り〉
●興部沖
 七日 七人で出た。相変わらず「アッペ潮」で、アオゾイは苦戦すると判断し、最初からジグでタラをねらった。水深百十四~百十五㍍のライン。メートル級だけで二十本以上、小型は数えるほど。クーラー満杯で、午前十時半、沖上げ。
(平和丸・清水畑孝船長TEL090―2054―5156)
●積丹・古平沖
 六日 マイカ 三十~四十入りサイズが、一人七十~百二十パイ。
(宝進丸・依田一男船長TEL0135―42―3578)
●積丹・余別沖
 六日 マイカ 三十~四十入りサイズが、一人百~百五十パイ。
(広栄丸・広和寿幸船長TEL0135―46―5174) 
●常呂沖
 七日 タラ 五十~九十㌢が一人十~十三本。アオゾイ 三十~四十五㌢が十~十五匹。ホッケ 三十~三十八㌢が十~十三匹。
(栄進丸・山田勲船長TEL0152―54―2471)
●浜頓別沖
 七日 マガレイ 二十八~四十五㌢が五十~七十枚。クロガシラ 三十~四十五㌢が五~十枚。
(海王丸・矢野一博船長TEL090―4874―4543) 
〈岸壁・投げ釣り〉
●紋別港
 七日 チカ 十~十三㌢が七十~百匹。
〈渓流〉
●興部川支流パンケ川
 七日 ヤマメ 十五~二十三㌢が二十~三十五匹。
(情報提供 プロショップしみずTEL090―8425―7358)