川村カ子トアイヌ記念館(北門町十一)館長の川村兼一さんが九日、市内の病院で死去した。六十九歳。大腸がんだった。同館は一九一六年、川村さんの祖父・イタキシロマさんが「アイヌ文化博物館」を開いたのが始まり。七七年から、兼一さんが館長を務めていた。兼一さんは、伝統儀式や舞踊の保存に努めたほか、アイヌ遺骨の返還運動にも取り組んできた。

記事全文 »