当麻町4南3
TEL84-5593

画像 JR当麻駅の近くにあるカフェです。オーナーシェフは、当麻町出身の髙谷大二さん(36)。主に旭川市中心部の飲食店で経験を積み、二〇〇五年(平成十七年)十一月、地元に店を開きました。シティホテルのラウンジでシェイカーを振っていた時期もあり、バーテンダー歴は十五年。日本バーテンダー協会旭川支部の会員でもあります。

 この店一番のおすすめメニューは「ロコモコ」(スープ付き、八百円)とのこと。ロコモコとは、ハワイでポピュラーな丼で、ライスの上にハンバーグと目玉焼きを載せた料理です。

 早速注文して食べてみました。毎日手ごねで仕込み、ソースはデミグラスソースを醤油で和風にアレンジしたというハンバーグ、まずは一口…。おっ、なんと柔らかな食感! この柔らかさの秘訣は?と尋ねると、「地元・当麻の新鮮な豚肉を挽き肉にしているからです。本当にフレッシュな良い肉なんですよ」と髙谷さん。挽き肉の材料って“安い肉”を使うイメージがありますが、この店では思いっきりこだわっているのですね。「うちのハンバーグは、肉と野菜の割合が二対一。一般的なハンバーグよりも、やや野菜が多めなんです」。なるほど、それもこの柔らかさに繋がっている訳ですか。納得しました。

 野菜はシンプルにタマネギとニンジンだけ。ショウガやニンニクは搾ってエキスだけを使っています。スパイスはコショウではなく、ナツメグを使用。「新鮮な豚肉の場合、コショウでは逆に肉の臭みを感じさせてしまう」のだそうです。

 このほかパスタも魅力的。冬季限定あっさり塩味の「お芋とソーセージのパスタ」(七百五十円)や、麺にパスタを使ったラーメン「スープパスタジャパン」(同)が人気だとか。

 夜は料理はもちろん、お酒も楽しめるバーになります。生ビール四百五十円、カクテルは七百円から、ワインはカジュアルな銘柄を中心にフルボトル一本二千円から揃えています。

 営業時間はランチが午前十一時~午後三時、夜は六時~午前二時まで。月曜定休。駐車場あり。四十人までのパーティーにも対応できます。地図

ケロコからひとこと

 今年は食べ過ぎないようにしようと思ったのに、これを食べてしまったら、そんな思いは消えてしまった。当麻産豚肉を使ったロコモコ。ハンバーグはもちろん、ソースがいい。ご飯が進みます。

 スープパスタジャパンというのはパスタのラーメン風。これもすごい。ローストビーフが載り、メンマも載っている。本当に不思議なおいしさ。思い出しただけでもまた食べたくなる…。スープもおいしかった。

 出された粉チーズを見たら、パルミジャーノデジャーノを削っている。思わずつまんで食べてしまった。

 「おばあちゃんの手作りケーキ」というのはマスター髙谷さんのお母さんの手による一品とか。これも今度食べてみよう。ぜひぜひ行ってみて下さい。