豊岡2ノ3
電話33-0566

どんなに寒かろうが雪が降ろうが、暖房が充実している旭川は、年中“アイス日和”です。取材当日も若いカップルがソフトクリームを持ってお店から出てきました。

昨年の六月にオープンした「牧場物語」はスイーツのお店です。メニューに見慣れない名前のアイスがありました。なんだろう? 見た目はかき氷のようだけど…。「いま、台湾で話題のスイ―ツなんですよ」と店長の中野優子さん。雪・花・氷と書いて「シェファービン」(五百円)。日本のかき氷となにが違うかというと、とても薄く氷を削っているので、口に入れるとサラ~ッと溶けます。また、氷自体に味が付いているので、ソースがかかっていない部分もおいしく、おやつにはもちろん食後にもペロッと食べられます。

もう一つ人気なのが、カレーライス。こだわりは野菜の水分だけで作ったルー。しかも、注文が入ってから牛乳で伸ばして出してくれるんです。タマネギやニンジンなど粒々になった食材が口の中に広がります。シンプルにルーの味を楽しむなら「カレーライス」(五百五十円)がオススメ。カツカレーや野菜カレーなどもあります。

薄い餅をワッフル状に焼き上げた「おもちのピザ」(三百円~)や、パスタ(七百円)、ご飯と生姜焼きなどが一皿に盛られたプレートメニュー(七百五十円~)には数種類があり、家族連れでランチや晩ご飯にもいいですね。

上川の牧場で無農薬の牧草を食べて育った牛のミルクで作る濃厚なソフトクリーム(三百円~)も絶品です。

営業時間は午前十一時から午後六時(五月からは午後七時まで)。火曜定休。夏季はフードメニューが変わる場合があります。

ケロコからひとこと

好きな店においしい物を食べに行きたいんだけど、この記事やほかの取材があるので、常に新しいお店を探しています。

その私が一週間に四回も行き、先週も二回行ってしまいました。あのカレーが食べたくて我慢できなくなるんです。ルーを食べたい私には、具無しのカレーがあるのが最高。

食後は「雪花氷」を。これにもはまっていて、お気に入りはイチゴミルク味。何と言えばこのおいしさが伝わるのかなぁ。舌の上で儚(はかな)く消え、吸い込まれて行き、食べた後にくどさは残らない。本当にすごいアイスです。

あー、また食べたくなって来た。カレーと「雪花氷」、また食べに行こっと!