鷹栖町18線9
TEL87-4446

手作り豆腐料理の店 伝承館環状線から鷹栖の街を通り抜け、山へ向かって進むと、丘の上にログハウスが見えてきます。さらに山を登ると古い立派な建物が姿を現わします。

今回は、大正二年に鷹栖町に建てられた住居を大雪山が見える見晴らしの良い場所に移築して、鷹栖産の大豆「大袖振」を使った豆腐の料理が味わえる店として生まれ変わった「伝承館」にお邪魔しました。

手作り豆腐料理の店 伝承館ここの木綿豆腐は、冷奴やサラダで食べると、大豆の甘味や香りを味わえ、湯豆腐や味噌汁に入れると玉子のようにふんわりとした食感になる美味しい豆腐なのです。

広いお座敷で味わう料理は八百円、千二百円、千五百円、二千円の四コースと、電話予約が必要な三千円と五千円の二コース、全六コースから選べます。写真は千二百円のコース。二種の前菜に、豆腐のサラダ、豆腐田楽にお刺身、鷹栖産のお米を炊いたご飯、湯豆腐、豆乳プリンとすごいボリューム。どれを食べても上品で優しい味。市街地からたった三十分、なんとも贅沢なロケーションでの食事は格別です。

手作り豆腐料理の店 伝承館営業時間は午前十一時から午後二時、休憩を挟んで午後五時から九時まで。水曜定休。人数が揃えば送迎もするそうです。満席の場合もあるので事前に電話で確認するのをおススメします。

豆腐は自宅や会社に無料配達をしています。木綿豆腐(六百グラム・三百円、三百グラム・百五十円)、豆乳(九百ミリリットル二百五十円)。希望の人には、豆腐の配達の際におからも無料で注文できます。午前八時から午後一時まで電話注文を受付けています(配達日は指定する場合もあります)。

(取材・佐藤日奈子)

 

手作り豆腐料理の店 伝承館の地図ケロコからひとこと

「どこにある?」「まだ?」――伝承館を探していた時の会話です。結構奥にあるんです。でも見えた時は感動。思った以上に重厚で素敵な建物です。ここで食事をすると、何処かへ旅に出た気分になります。

何よりも嬉しいのが、豆腐の美味しさです。建物の中に豆腐工場があるので、本当にできたての美味しさを味わえます。これはとても贅沢なこと。豆腐は大豆からできているんだと納得できる、香りと甘さ。優しい食感。

帰りには入口で売っている豆腐を絶対に買って行こうと思います。豆乳も美味しかったし、豆乳プリンもなかなかのものでした。今度は夜にゆっくり行ってみたいと思います。