7ノ1
TEL24―8388

 常磐公園の近くに美味しいパン、ケーキとコーヒーが味わえるお店が今月二十一日にオープンしました。クリームパンを思わせる淡い黄色の四角い建物に、「デュ ブレ」の小さな看板が掲げられています。

 大きな木の扉を開くと、木のぬくもりとシックな大人の雰囲気が漂う、なんともお洒落な店内です。パンが置かれた什器に木のトレー、レジカウンター、カフェスペースのテーブル、椅子はどれも東神楽町の匠工芸の製品です。

 「二十年越しの夢を実現したんです。オープンまでの数カ月、新しいオーブンで納得できるまで毎日パンを焼いて食べての生活を送っていたら、七キロも太っちゃった」と笑顔で話すオーナーの佐藤妙子さん。オープン間もない今は、十五種類程のパンを日替わりで店頭に並べています。素材にこだわり、道産小麦、当麻の有機飼料で育った平飼いニワトリの卵、ナッツ類も有機栽培のものを厳選して使っています。

 パンの旨味をシンプルに味わうなら「食パン」(二百七十円)や、「ブレッチェン」(七十円)がおススメです。ふんわりとしていますが、口に入れると、噛むごとに歯ごたえと味がじんわりと滲みだしてくる感じです。

 イチジク、アンズ、レーズン、クルミ、ヤマブドウがたっぷり入った固めのパン「木の実」(四百六十円)。どこを食べても香ばしく、ほんのり甘く、パン生地も味があって食べ応えがあります。口の中でプチプチと弾けるイチジクの種も美味しいです。「シナモンロール」(百八十円)は、シナモンに隠し味が。これが絶妙! クリームチーズが添えられたおススメの一品です。

 シンプルで飾らないパン。毎日食卓に並べたいし、とっておきのお土産としても贈りたくなります。

 カウンターにはケーキもあります。写真のベイクドチーズケーキ(四百円)、チーズミルク(二百八十円)とどれも美味しいです。

 札幌の人気店「斎藤珈琲」のコーヒー(四百円)を味わえます。カフェの食器は、ウェッジウッドやマカロンなどのアンティーク物や選りすぐりの磁器を使用しています。価値ある食器で味わうケーキは一段と味わい深く感じられますね。

 営業時間は午前十時から午後五時まで。焼き上がり次第店頭に並ぶので、お昼ごろが種類も豊富とのこと。月曜定休(臨時休業あり)。 (取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 美味しくてお洒落なパン屋さんができたと聞いて、早速行ってみました。「んっ」外から見ると家なのかお店なのかわからない――。でも中に入ると、センスが良いの。匠工芸の椅子やテーブルにもこだわりが感じられます。

 そして肝心のパンはというと、とても美味しいの。素材にこだわり、丁寧に作っているのが伝わってきます。パンを愛する人が作ったという感じ。特に気に入ったのは、クリームパンと塩小豆のパン。本当に美味しい!

 ただ難点は、次から次へと売れてしまうので、売り切れてしまうこと。でも美味しいパンのためなら、根性で何度でも通います。