5ノ11 シュロス5条1F
TEL25-1739

 五条本通り沿いのマンションの一階に先月、喫茶店がオープンしました。入り口には切花の販売コーナーがあり、店内のいたるところに生花がディスプレイされています。奥のカウンターでは、注文が入ると豆を挽き、ネルドリップで丁寧にコーヒーを入れています。

 店長の田中直子さん(42)が、ご主人の生まれ故郷である旭川に越してきたのは昨年の八月で、物件を見つけオープンを決めたそうです。

 コーヒー、ジュース、ガムシロップは有機栽培のものを選び、水やロックアイスにはアルカリイオン水を使用しています。コーヒー(三百八十円~)は苦味や深みが強いのですが、酸味は控えめで、飲みやすい口当たりです。

 ランチのサンドイッチセット(八百円・飲み物付)=写真=は、温かい焼き卵がサンドされ細かく刻んだトマトと相性抜群。ハヤシライスセット(九百五十円、サラダ・飲み物付)、ケーキ付(千百円)もおススメです。

 田中さんは大阪の出身。「大阪にはメニューに必ず『ミックスジュース』があるんですけれど…、旭川の人には馴染みがないようですね。ぜひ飲んで欲しいです。そして『Banスペシャルアイス珈琲』(四百五十円)もこれからの時期におススメです。見た目もきれいなんですよ」と話します。

 幻のスピーカー「JBL・L220」から聴こえる、ジャズやボサノバを聞きながらリラックスタイムを――。帰りには切花のセット「Ban花っ譜(カップ)」(三百円)で手土産もできます。

 営業時間は午前八時から午後七時まで(日曜・祝日は午前十時から午後五時まで)。月曜と第三日曜定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 ちょうど開店の日にお店の前を通りかかりました。お店の外にも中にもお花がいっぱいで「随分顔の広い人なんだなぁ」と思っていたら、お花屋さんでした。喫茶店と花屋のコラボって、ありそうでなかった組み合わせ。

 店内もすごくオシャレで、売っている花が装飾になっていてさらに素敵。コーヒーも丁寧に入れていておいしいの。

 気になって別の日にはランチを。私の苦手なハヤシライスが…。恐る恐る食べてみると、美味しい! 家庭の味で良く煮込んでいる感じ。サンドイッチも絶品です。柔らかいパンに、スクランブルエッグの卵サンドはお替りしたいぐらい。一人でもゆったりした時間が過せます。