3ノ8 3条ビル地下1F
TEL27―5665

 三条通八丁目の小路には昔ながらの喫茶店や飲食店が軒を連ねています。その一番手前にある三条ビルの地下に、喫茶店が昨年の七月にオープンしました オーナーは武田眞佐子さん(60)。六十歳を機に始めた喫茶店は、市内の店舗を多数手がける設計士の旦那様によるもの。地下に広がる店内はお洒落。暗すぎず、明るすぎない照明がなんとも居心地が良く、広いカウンター席もあります。テーブルも大きく、書類を広げるお客様もチラホラ。

 メニューを見るとコーヒーはもちろん紅茶の種類が充実しています。まずは「ディンブーラ」(六百円)を。渋みが控えめで飲みやすい紅茶です。砂糖を入れずに飲めます。サービスで付いてくるベルギーのクッキーを食べながら飲み進めるとさらに味わい深い感じ。

 「白桃烏龍」(六百円)は、桃の花びらが入った茶葉で、出てくると辺りが桃の香りでいっぱいになります。メニューには、渋みや香りを楽しむ紅茶が沢山あります。飲み比べてみると奥深く楽しいものです。

 コーヒーとの相性が良い「自家製トロトロぷりん」(三百五十円)=写真=は、かわいい壷型のガラス容器で出てきます。生クリームが沢山使われた濃厚な口当たりのプリンと甘さ控えめなカラメルソースがなんとも美味。久々に美味しいプリンに出会いました。

 トースト(五百円・サラダ、ゆで玉子付)はサラダのボリューム満点。サンドウィッチ(六百円)もあります。プラス二百五十円でコーヒーか紅茶が付きますよ。

 営業時間は午前十時半から午後六時半まで。日曜、祝日定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 とても気に入っていた喫茶店がある日突然閉店してしまいました。コーヒーも美味しかったし、店内がとてもお洒落で落ち着いていて一人でよく行っていました。

 「素敵だったのにもったいない」とたまに思い出していたのだけれど、先日前を通ったら、店名は変わったけれど喫茶店がオープンしていました。

 嬉しくなって早速入ってみました。やっぱりすてきな雰囲気。お昼だったのでサンドウィッチを食べたら美味しくて、コーヒーも丁寧に入れていました。手作りのプリンもあり、次は食べてみようと思います。ここは大人の喫茶店!