5ノ7フードテラス1F
TEL22-1088

 フードテラスにある「エスペランサ ムートン」がランチ時にオープンしていました。店先には「エスペラ=メン」ののぼりが出ています。新しいラーメン店を見逃すわけにはいかないと入店。

 ラーメンの長音符が「=」になっている意図は、ひと手間かけたラーメンを表しているのだそうです。七条緑道沿いに店を構える「エスプリ ムートン」の木曜日のランチ限定だったラーメンが好評で、姉妹店の同店が今月からランチメニューとして提供し始めました。「洋食シェフが腕によりをかけた『カフェ系』ラーメン、新登場」とのぼりには書いてあります。

 メニューは、しょう油、塩、味噌が八百円。たっぷりチャーシューは千三百円。地産地消をポリシーとする同店は、肉は嵐山ハーブポークを使っています。スープに使うげんこつはもちろん、チャーシューも嵐山産の豚肉。麺は、五ノ西六にある千葉ラーメン工場製です。

 写真の味噌は、オレンジ色のスープ。赤・白の味噌を熟成させた自家製。まろやかだけど、あっさり、ちょっとピリッとするスープはなんとも美味です。バラ肉を使ったチャーシューはホロホロ崩れるぐらい柔らかく、そして美味。

 ラーメン好きの洋食のシェフが集まると、こんなに味わい深いラーメンができるのですね。新感覚のラーメン、ぜひどうぞ。

 営業時間は午前十一時から午後二時まで。休憩を挟んで五時から十一時半まで。月曜定休。(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 最近お気に入りのレストラン「エスプリムートン」。毎週木曜日のランチはラーメンの日で、評判だったのです。その人気のラーメンが、姉妹店「エスペランサ ムートン」で毎日お昼に食べられるようになりました。

 さっそくオープン二日目にお邪魔しました。やっぱり美味しい。しょう油しか食べたことがなかったのですが、味噌に挑戦。パルメザンチーズとワインが入っていると書いてある。ラーメンにチーズとワインなんて…、と思った私が間違っていた、決して前に出ることなく深い旨味になっているんです。

 ライスはコンソメライス。バター醤油味で気に入りました! ぜひ行ってみてください。