春光1ノ8ダイイチ花咲店
TEL46―7111

 旭川の菓子店を代表する「ザ・さんくろうど」が、七月二十三日にスーパー「ダイイチ花咲店」内に新しくオープンしました。末広、旭町などの北地区の住民たちから「もう少しお店が近ければ――」という声が多かったこともあり、開店時から今も大盛況です。

 その一角にかりんとうがズラッと並ぶコーナーがあります。その名も「かりんと蔵」。夏場は十八種類。涼しくなると、チョコレートコーティングのかりんとうも登場し、全二十種類の商品が並びます。買物帰りの主婦たちが手にとって品定めする姿がチラホラ。全種類試食も出来るので、一口また一口と気になる味を食べて納得してから買うことができます。

 全品一袋三百三十円、計算も楽。三袋選んで、千円札を出すと十円のお釣りってなんだか買いやすいですよね。

 国産の米油で何度も揚げたカラッとした歯ざわり。人気の「辛みそ」は、平べったい四角形。白蜜と味噌が合わさってボリュームがあり、唐辛子が後からピリッときいてきます。「野菜」はホウレン草やニンジンのカラフルな色合いに、細めの形状で一度に何本も食べられて色々な味が口の中に広がります。「きんぴらごぼう」は袋を開けた瞬間にごぼうの香り。どれも美味しい。全種類制覇してお気に入りを見つけてみてください。

 ポイントカードのサービスがはじまりました。五百円でスタンプ一個。二十個貯まると五百円分の買物ができます。

 営業時間は午前九時半から午後九時まで。年中無休。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 かりんとうと言えば、子どもの頃からいつも家にあったような気がします。父が太いかりんとうが好きで、コーヒーを飲みながら食べていたのを覚えています。私はたまに食べる細めの白いかりんとうが好きでした。

 先日、新しいダイイチに行ったときに興奮してしまいました。かりんとう、かりんとう、かりんとう! かりんとがズラリと並んでいるではありませんか。数えてみたら十八種類。黒砂糖のだけでも数種類あります。

 気に入ったのは「ねぎ味噌」。「辛みそ」はちょっと辛くて止まらない! ついつい一袋食べてしまう危険な美味しさです。全種類たべてみようっと――。