忠和3ノ1
TEL63-7552

 東海大に続く道を走ると、左手にパスタののぼりが見えてきます。大きな一軒家にも見えますが、一歩中へ入ると、食欲をそそる香りが漂う、明るい店内が広がります。神楽の見本林の近くから忠和に移転して、五カ月を迎えました。

 オーナーシェフの山本栄二さん(40)は東京や旭川の料理店で修行し、独立から五年。月替りのイベントを考えたりと、常連さんを楽しませることも忘れない熱心な料理人です。

 ランチを食べるなら、ハーフサイズのピザ、パスタ、ドリア、ポタージュ、サラダ、デザート、コーヒーが味わえる「ハーフ&ハーフセット」(千二百円)がおすすめ=写真。テーブルの上がお皿でいっぱいに。目でも味でも大満足です。

 ディナーは、パスタ、ピザが九百四十五円。前菜は七百五十円とお手頃な値段です。

 そして、十勝産の超濃厚生クリームソースと、本紙にコラム「コケコッコー通信」を連載している村上健一さんの養鶏場「あんふぁん自然卵農園」の卵を使った「濃厚クリームソースのカルボナーラ」(千五十円)と、卵黄がトッピングされた「トマトソースのカルボナーラ」(千五十円)はぜひ味わってほしい一品です。

 十二月はクリスマスランチプレート(千四百円)やディナープラン、正月用のイタリアンオードブルの受付などの企画が盛り沢山です。

 営業時間は午前十一時半から午後三時。休憩を挟んで五時半から十時まで(九時半ラストオーダー)。月曜定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 「オリーヴォオリーヴォ」、略して「オリオリ」は、神楽の見本林のすぐ側にあり、パスタなどがとても美味しかったので、何度か行っていました。忠和に移ってから先日、初めて訪ねてみました。

 とても明るくて清潔感あるれる店内。オレンジ色の椅子が印象的。ご夫婦も温かくて、誠実だ。この二人の性格が、お料理や雰囲気にあふれています。

 お気に入りはランチのセット。あれも食べたい、これも食べたいと迷ってしまう私に、パスタ、ピザ、ドリアのハーフがついているので大満足です。

 十二月からはクリスマスプレートランチが登場するので絶対に行こうと思っています。