神楽3ノ8
TEL61-8866

 国道237号と、現在建設中の「氷点橋」を結ぶ新しい道沿いに、イタリアン料理の店がオープンしました。

 店名の「ラ・ヴェルドゥーラ」はイタリア語で野菜を意味します。オーナーが野菜ソムリエ。北海道はもちろん、日本全国、そしてイタリアからも美味しい野菜を仕入れて、その野菜をメインにメニューが作られているからです。

 火、水、木曜日限定で、ランチに「パスタビュッフェ」というサービスがあります。カウンター並んだ野菜を選び、ソースの味、パスタの種類、魚、肉などを自分で選ぶと、シェフが美味しいパスタを作ってくれます。腕を振るうのは、桐原明弘さん(26)。シェフ歴十年。丁寧に丁寧に料理を作っていきます。

 ランチは五種類。暁(九百八十円)、花霞(はながすみ)(千二百八十円)、神楽(二千二百八十円)、風花(千百八十円)、漁火(千八十円)。すべてセットメニュー。パスタ、ピザ、カレー、肉、魚料理、自家製パン、デザートが味わえます。

 写真は、ブロッコリー、カリフラワー、ミラノカブ、紫キャベツを使ったパスタ。彩りもよく、ヘルシーですね。パスタビュッフェをやっていない日も、週替りで六種類の味を選べるので迷いそうです。

 食後のデザートにも野菜や旬の果物などが使われています。

 営業時間は、午前十一時から午後二時。ディナーは五時から十時、十時から午前零時まではバータイム。月曜定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 最近食べすぎで、身体が野菜を欲していた。そんな時、野菜ソムリエがいるお店がオープンしたと聞いて、早速行ってみました。

 大雪アリーナやクリスタルパークが見える窓。カウンターにはキャベツやパプリカ、あまり見たことのない野菜が並んでいます。直売のように売っているのかと思ったら、好きな野菜を選んでパスタを作ってくれるという。そんなの初めて。良いアイディア!

 この日のパスタはゴボウやサトイモを、ケーキにはジャガイモを使い、柿ソースにがかかっていました。

 次はなにが登場するか、今から楽しみです。