住吉6ノ1
TEL52-3751

 最近、旭川の飲食店は変わった名前の店が多いのですが、今回お邪魔したお店も一癖も二癖もある名前です。入口で靴を脱ぎ、迷路のような細い通路を通ると、いくつもあるボックス席に案内されます。店内には窓がありません。そのかわりに、丸い窓枠がブクブクと泡を立てて青く光っています。船に乗った気分です。テレビからは海賊映画が流れています。

 「飲食店をやるなら、エンターテイメント性のある面白いものがやりたい、そう思っていたので」と、オーナーの小池幸範さん(31)。二〇〇九年七月にオープンした当時は夜だけの営業でしたが、ランチが美味しいと主婦を中心に評判です。

 ランチはセットメニューがお得です。道内産の豚と牛を使ったハンバーグは七種類から選べて、ご飯も白米と十五穀米から、ドリンクは百種類以上あるノンアルコールカクテルから選ぶことが出来ます。それにサラダが付いて九百八十円。

 写真はおろしハンバーグとカレーバーグ。オーブンで焼き上げた熱々のハンバーグは、程良く肉の触感が残り、食べごたえがあります。ジューシーで、添えられた野菜も美味しいです。二十食限定です。

 「あつあつカレードリア」(八百八十円)もお勧めです。辛すぎないキーマカレーで食べやすい味。昼からパワー満タンにしたい人には「ぜいたくサーロインステーキ」(九百八十円)も。

 午前十一時半から午後三時。休憩をはさんで六時から午前〇時まで。水曜定休。

(取材・那須日奈子)

 

 

ケロコからひとこと

 変わった名前だなぁと思いながら、お店のスタッフの後ろについて行ったら、いきなり「我が海賊船へようこそ」とどこからか声が――。心の準備なく入るとびっくりします。ちょっと薄暗い店内は、お酒が似合う夜の雰囲気ですが、ランチタイムも満員でした。

 席に着いてまたびっくり。ハンバーグは七種類。飲み物はノンアルコールカクテルが百種類以上。優柔不断の友だちとは行かないほうがいいかも。

 私も迷った末、おろしハンバーグのセット、ゆずジンジャーを飲み物に選びました。

 次は、メニューの目立たないところに、「時間がかかるので頼まないでください」と小さく書かれた「海賊泣かせのパフェ」を注文してみようっと。