曙1ノ3
TEL23-3860

 四条通と一条通を結ぶ、ちょっとマニアックなたたずまいの横道を進むと、「串焼き ごん」があります。昼時になると、食欲をそそわれる炭火焼の香りが漂ってきます。

 今年の九月でオープン五周年になるお店を切り盛りするのは、権藤和希さん(37)と奥様の早苗さん(37)。ランチを始めたのは今年の二月から。昼から備長炭で焼き上げた美味しいお肉をリーズナブルに、そしてボリューム満点で食べられると人気です。

 早速おススメの「やきとり弁当」(五百円・味噌汁付き)を注文しました。持ち帰ることも出来るパックには、鳥串が三本、ネギ串が一本、卵焼き、赤ウインナーが、海苔が敷かれて、タレが染み込んだご飯にのっています。

 柔らかく程良くのった脂が美味しい鳥串。シャキッとしていて中はトロトロのネギ串は絶品です。ちょっと堅めに炊き上げたご飯とタレの絡み具合がなんとも良いバランスです。

 他にも、ザンギ、豚サガリ、シャケの弁当が五百円。豚丼、トントロ丼が五百円。上カルビ弁当が九百円。つくねがプラスされたやきとり弁当が六百円。ロース、サガリ、トントロのMIX弁当が八百円。近郊へは出前もしています。

 「ゆっくりと出来る夜にぜひ食べに来て」と岩崎さん。安くて、美味しくて、ボリューム満点。家族や仲間と楽しい夕食はいかがでしょう。

 夜のおススメは七輪で焼く塩ホルモン(四百五十円)。ゴロゴロと大きなヒゾウ、直腸、大腸、並ガツ、上ガツ、サガリが良い塩加減と食感で味わえます。

 営業時間は午前十一時から午後二時まで。休憩を挟んで午後六時から十一時まで。ランチは平日のみ営業。日曜、祝日が定休日です。

(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 備長炭で焼いている「やきとり弁当が」が五百円。これは安い。どんな弁当かと思ったら、これが美味しいの。丁寧に焼いているのが伝わってくる鳥串。ネギ串のネギがチュルッとジューシーで絶妙な焼き加減。

 さらに美味しいのが秘伝のタレ。甘すぎず、これだけご飯にかけてもいいくらい。

 そして私のお気に入りは、ちょっと豪華な上カルビ弁当九百円。お肉がたくさん。ケチ臭くない。柔らかくて本当に美味しいカルビです。

 気になっているのは七輪で焼く塩ホルモン、直腸、並ガツ、サガリ…。私の好み。早く食べにいかなくちゃ。