亀吉3ノ1
Tel090-7643-5360

 亀吉。用事がないとなかなか足を運ぶ機会のない住宅街です。ここに新しくパン屋さんが出来たと聞きさっそくお邪魔しました。

 オーナーの多田弘美さん(47)は、食べるのが大好き。食べ物に携わる仕事がしたいと子育てをしながら、惣菜店、洋菓子店などのパートを経験。四 年前に勤めたパン屋さんで転機が訪れます。多田さんの働く姿を見た旦那さんが「今までで一番楽しそうに仕事をしている。いつか自分の店をもってみては」と すすめてくれたのだそう。そして、今年七月、ついに自宅横にお店をオープンしました。

 扉を開くと小さな店内にぎっしりと四十五種類のパンが並んでいます。ハードなドイツパン、お惣菜パン、菓子パン。どんなパン好きも満足させるラインナップです。

 「あ~美味しい匂いがするね」と近所のおばあちゃん。「いつものピザパンで良いですか?」と多田さん。こんなやり取りも住宅街にあるパン屋ならではです。

 おススメは山食パン(五百四十円・ハーフ二百七十円)。カリカリの表面を手で豪快に裂くと、中からフワッフワでしっとりとして、噛むとほんのり甘い生地が出てきます。

 パン・ド・カンパーニュ(三百円)は、ハードなドイツパン。薄く切ってフライパンでカリッと焼けば香ばしいライ麦の香りがひろがります。

 営業時間は午前十時から午後五時まで。売切れ次第閉店。日、月曜定休。ホームページ(http://rikemmett.homepagelife.jp/)(取材・那須日奈子)

 

 

 

ケロコからひとこと

 「あーる?」「亀吉?」「新しいパン屋さん?」知らなかったのですぐに行ってみました。

 いやぁ、久しぶりに感動です。本当に美味しいパンです。パンが好き、パンを作るのが大好きという気持ちが伝わってきます。

 焼き立ての山食は、何もつけずそのままで美味しくて、あっという間に二斤完食。

 ライ麦のドイツパン。天然酵母だと結構酸っぱかったりするので苦手でしたが、これは食べやすく、とても美味。

 このパンだけでなく、他のパンも食感が違います。じっくり味わって美味しさを楽しみます。シューケットも新鮮な美味しさ。「もっと食べたくなる」パン屋さんです。