流通団地1ノ1 TEL49-5006

 流通団地の旭一(キョクイチ)のすぐ隣に三月二十八日にオープンしたばかりのラーメン店です。

 市内のラーメン店で十年間修行を積んだ店主の清水浩平さん(32)が自分のこだわりを貫きたいと独立開店したお店です。そのこだわりとは、あっさり味をベースとした懐かしくも新しい、誰もが安心して食べられる正統派旭川ラーメン。

 メニューは、しょうゆ、しお、みそ(各六百円)の三種と唐みそ(六百五十円)。野菜らーめん(百円増)、ちゃーしゅーめん(二百四十円増)など。なかでも一押しは「しおらーめん」と聞き、いただきました。

 澄んだスープにチャーシュー二枚とメンマ、ネギが乗ったシンプルなスタイル。スープは鶏がらと豚骨、日高昆布と利尻昆布、それとタマネギだけ。 じっくりと十時間掛けて作ります。材料の旨みがしっかりと出ていて、それでいてあっさりした口当たり。次から次にスープを口に運んでしまいます。

 麺は中細で、ほぼストレートの特注麺。卵アレルギーの人でも安心して食べられるように卵は一切使っていません。麺の水分量を抑えることで、しっか りと小麦の味わいが感じ取れます。じっくりと煮込まれたチャーシューも絶品で、とても柔らかくしっかりと味が浸み込んでいます。

 現在、オープン記念として食事をしたお客さんに割引券をプレゼント中です。ラーメン半額、ぎょうざ(五個)や味玉無料券が付いた割引券です。来月 からはご飯ものや定食メニューも登場する予定です。「お腹一杯食べられて、しかもリーズナブル。それがモットーです」と清水さん。しばらくは無休で頑張る そうです。

 営業時間は午前十一時から午後九時まで。(取材・草嶋一介記者)

ケロコのひとことメモ

 新しいラーメン屋さんができたと聞いて、早速行って来ました。店内は清潔で良い雰囲気。しょうゆらーめんと、半熟味玉のトッピングを注文しました。

 スープもくどくなく、深い旨味があり私好み。ラーメンがおいしいと、他のメニューもおいしいに違いないと餃子も頼みました。

 連れが「あれっ、ダイエットしてるんじゃなかったの」とひと言。いいんです。おいしい物を食べて太るのなら文句は言いません。反省はするけど…。

 この餃子がまたおいしかった。3個じゃなく5個にすれば良かったと思うほど。ライスは我慢しましたが…。次はラーメン、餃子5個、ライスを食べに行きます。