旭川市3条通6丁目TEL22―2953

 三条本通り沿い、さんろく街の中心に大きな看板が目印の焼肉「平和苑」にお邪魔しました。

 一階はテーブル席、二階は小上がりで最大四十五人まで収容可能です。全卓に無煙ロースターを完備しているので煙の心配はいりません。

 本格派焼肉店として「値段が高そう」というイメージを持つ人も多そうですが、「ワンランク上の肉をリーズナブルに、がモットーです」と胸を張る店主の石川晃圭さん(42)。カルビやロースは松阪や神戸、近江の国産黒毛和牛A5ランクを使用。これはもうワンランク以上のブランド肉ですね。

 「かいのみカルビ」(千三百六十五円)は、カルビの中でも脂身の少ない希少部位で女性に人気があります。きれいなサシが入る肉厚なカルビを少し赤みが残る程度に焼いて、一口。その柔らかさにビックリ、歯を使わないでも食べられる、そう言っても過言ではありません。

 「上カルビ」(九百九十八円)は肉の味わいと一緒に口いっぱいに脂の旨味が広がります。その余韻を残しつつビールで流し込んだら思わず「クゥーッ」とうなってしまいそう。ホルモン好きには「ガツ・上ホルモン」(六百八十三円)がおすすめ。コリッとした歯ごたえがたまりません。

 プラス三百円で定食(ご飯、味噌汁、キムチ、ナムル)に出来るので、食事を食べに来店する客も多く、時には部活で遠征してきた学生団体がやってくることもあるそうです。

 午後五時から午前二時まで。不定休。

(取材・草嶋一介記者)

ケロコのひとことメモ

 いつかは行こうと思いながら、いつも前を通り過ぎていた平和苑。やっと行くことができました。

 焼肉屋さんでチェックするのはキムチとご飯。ここはどちらも合格です。実は行ったのは深夜。それも三軒目。そんなに食べられないねと言いながら、次々と注文。カルビ、サガリ、ホルモン、ガツ、レバー…、おいしいからお腹がいっぱいなのに食べられちゃう。

 一応ダイエット中なので小ライスにしたけど、スイッチが入ってしまいお代わりをしてしまいました。すごくおいしい焼肉屋さんです。ぜひ行ってみて下さい。