旭川市2条通20丁目 33―3594

 二条通り沿い、大きな看板が目印の「うどん太三郎」にお邪魔しました。今年で開店から十一年目を迎えるうどんの専門店です。

 店内はカウンター席とテーブル席、小上がりです。お店に入ると「いらっしゃいませ!」と威勢の良い掛け声が聞こえてきます。奥さんの田端伸子さんと娘さんが店内を担当し、厨房はご主人が。市内では余り見掛けないうどん専門店ですが、ご主人が四国出身ということで納得しました。

 人気の特上天ざる(八百五十円)をいただきました。冷たいうどんと揚げたて天ぷら、美味しそうです。ズルッとうどんを一口すする。コシの強さ、歯ごたえに驚きます。「凄いですね」と感想を話すと「四国じゃまだまだ強いんですよ」と田端さん。それにもビックリです。

 だしツユの味も大変上品です。南茅部の極上昆布と香川県から取り寄せるサバ、カツオ、煮干の混合削り節、そして旭川のキッコーニホン醤油を使った味付けだそうです。試行錯誤を繰り返した自慢のツユです。

 サラリーマンに人気の「Go!Go!メニュー」は平日限定ワンコイン五百円のランチです。時季や旬に合わせて内容は月替わり、季節替わりと不定期です。ちなみに八日までは「玉ねぎ天、ポーク天うどん」です。

 「これからのシーズンは冷たいうどんが美味しい季節です。どうぞいらしてください」と笑顔で話す伸子さん。ぜひ、一度どうぞ。

 昼の部午前十一時から午後三時。夜の部午後五時半から八時。火曜定休。 (取材・草嶋一介記者)

ケロコのひとことメモ

 お蕎麦も好きだけど、どうしてもうどんじゃないとダメという日があります。そんな時に来るのが太三郎。とても居心地がいいお店。もちろん、うどんがおいしいの。

 家で食べるのとは一味も二味も違います。ツルツルとした食感がいい。そして、きちんとダシを取り、薄味かなと思うけど、しっかりカツオの旨味が伝わってきます。

 お子様用の「くまさんのお散歩うどん」も登場しました。家族揃ってツルツルとおいしいうどんをどうぞ。