4ノ6パリ街 TEL25-6470

 さんろくのパリ街にある「肉や・ますから」にお邪魔しました。今年四月にオープンしたばかりのお店です。

 店内は木目と漆喰の壁が調和した落ち着いた雰囲気で、「ここ、焼肉店なの?」と思うってしまうほど。カウンター席が奥まった場所にあるので一人で、フラッと立ち寄っても落ち着いて飲食できます。

 いち押しメニューはザンギ(各五百円)=写真。特製塩ダレの「しろザンギ」、ピリ辛レッドペッパーの「あかザンギ」、バジルを効かせたイタリアン風の「あおザンギ」の三種類があります。特に、しろザンギは「お店を知る上でまず食べて欲しい一品です」と力を込める富田真之店長(41)の言葉に、それではと早速いただきました。

 カラッと揚がった皮の歯ごたえの後にジュワッとモモ肉の柔らかな食感。しっかりと塩味が肉の中までしみ込んでいます。二個目を口に運ぶと今度はホロッとほぐれるような食感に驚きました。なんと肉はモモ肉とムネ肉の二種類を使っているそうです。色々と試してみたくなります。ザンギはテイクアウトも可能です。新しいお土産の定番になるかも。

 焼肉は何と言ってもホルモン。ガツ、丸直、ハラミ、ココロ、ヒゾウ五種盛の「盛り合わせ」が約二人前のボリュームで七百八十円。看板メニューです。特に丸直は一度ボイルしているので余分な脂が落ちてヘルシー。ホルモン目当てのリピーターが急増中とのこと。

 午後五時から翌午前二時まで。日曜定休。

(取材・草嶋一介)

ケロコのひとことメモ

 最近、パリ街が面白い。前から好きだったけど、新しいお店ができているの。

 その一軒が「ますから」。先日、前を通った時に気になって立ち止まったけれど、お腹がいっぱいだったから別の日に行ってみました。

 大正解。ホルモンの盛り合わせ。これが気に入りました。軟骨もタン元もおいしい。ザンギがお勧めと言うから、赤、白、青、全部食べました。赤が強烈だった。辛い辛い。でも心地良い。

 締めは手打ちそば。ここで手打ちそばが食べられるとは! また近いうちに行きます。