末広東3ノ4 ℡51-1915

 秋月橋の末広側のたもとに、「幌加内そば」ののぼりが揺れるログハウスが見えます。十月にオープンしたばかりの「ダイニングカフェ一休(いっきゅう)」にお邪魔しました。

 オーナーは前村愛莉香(えりか)さん(32)。「私が幌加内生まれなので、幌加内産の蕎麦のメニューは充実しています」と前村さん。

 人気の日替わりランチ(九百円、小鉢・コーヒー付)を早速注文=写真。温かい蕎麦か、冷たい蕎麦のどちらかを選べます。この日は天ぷら定食。海老、カボチャ、マイタケ、オクラ、野菜の掻き揚げがご飯にのって出てきました。小鉢は三品。そして、セットのお蕎麦の盛りのよいこと。どれも優しい味付けで、たっぷりのボリューム。箸が止まりません。さらに、刺身とサラダが付くスペシャルランチ(千三百八十円)もあります。

 デザートも種類が豊富です。オススメはテイクアウトもできるジェラート(一種三百五十円、二種四百円)。十種類から選べるので迷ってしまいます。

 夜になると、和食や洋食のメニューがずらり。人気は牛肉ステーキ丼(八百円)。手作り魚介類とはすの春巻(六百円)や、鹿肉の竜田揚げ(六百五十円)などなど。

 カウンターで気軽な一人夕食も、みんなでワイワイと宴会もできますよ。

 営業時間は午前十時半から午後十時まで(ランチ午前十一時半から午後二時。ディナー午後五時から)。月曜定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコのひとことメモ

 秋月橋を渡っていると、「ランチ」ののぼりを発見。石狩川の近くにこんなお店が出来ていたなんて!

 日替わりランチはすごいボリューム。大食いの私でも大満足でした。

 お蕎麦のメニューも沢山あって、蕎麦つゆもカツオの香りがしっかりしていて美味しかったです。小鉢はお酒が呑みたくなるような内容です。

 寒くなってきたけれど、河川敷をウオーキングしてゆっくりランチをしてはどうですか。