宮下通7藤田観光ワシントンホテル12階・TEL29-0202

 
  写真:古土里提供

 JR旭川駅前、藤田観光ワシントンホテルの十二階にある「和味 古土里(ことり)」さんにお邪魔しました。

 さすが最上階だけあって、カウンター席からは買物公園が、ボックス席からは駅方面が一望できます。和風の店内も心が安らぎます。

 ランチは週替わりの「竹ランチ」(千円)、「松ランチ」(千三百円)のほか、江丹別そばや鉄板焼きなど種類も豊富。

 今月のオススメは、同店一周年を記念した「立春御膳」(千五百円)。大きなお盆に焼き魚、野菜に天ぷら、鉄砲汁に…と、なんと八品。見るからに新鮮な彩りに胸が躍ります。では早速いただきます――。

 ほうれん草の胡麻和えは、シャキシャキととてもいい歯ごたえ。「大鮃(オヒョウ)味噌漬け焼き」は、上品でありながらごはんを何杯も食べてしまいそうな塩加減。蟹の鉄砲汁は、出汁のうまみにタラバガニの身がたっぷり。たらの芽の天ぷらも独特の苦みと香りが引き立っています。おひたしや漬物もデザートも…と書ききれませんが、どれも新鮮な素材を、上品に手をかけて料理しているのが伝わります。

 素材の確かさ、新鮮さには、理由があります。同店は北海道の特産品を販売しているマルマンフーズ(坂部治一郎社長)が運営しているんです。納得ですね。

 担当の新屋恵一事業部長(53)は、「今月はカニです。毎月当店ならではの食材が楽しめるのが自慢です」と笑顔です。夜は宴会や鉄板焼き、会席料理はもちろん、おつまみ四品と日本酒またはビール一杯がセットの「晩酌セット」(千百円)もありますよ。

 日曜、祝日定休。ランチは午前十一時から午後二時半まで、ディナーは午後五時から午後九時まで。

(取材・太野垣陽介記者)

ケロコのひとことメモ

旬のものはおいしい。今しか食べられないもの、今が一番おいしいもの、味わって食べると、しみじみ幸せを感じます。
特に女性は色々な料理を少しずつ食べたい。そんなニーズに応えてくれたのが、ここのランチ。食べたぞー、という満足感もあります。
夜のお料理も、一品一品手をかけているのが伝わって来ます。お寿司も出たけれど、思わずご飯も注文。そしてお代わり…。
お友達とも、改まった席にも、ぜひ。