4ノ6ヨシタケビル3号館2階・TEL22-5977

ドアを開けると大人のムードたっぷり、高級店のような雰囲気の中、カウンター越しに家庭的なお料理がズラリ。サンロク街の「時安」さんにお邪魔しました。

メニューは日替わりおばんざいが二十四種類前後、常時提供している料理が四十種類と豊富です。お酒もビールや焼酎から日本酒、ワインまで、珍しい銘柄も揃っています。
九月で三年目を迎えるお店は、時安大治さん、恵美子さんご夫婦と、お母さんの三人で切り盛りしています。
「『高級店かと思った』とお客さんにもよく言われますが、お料理は〝おふくろの味〟が多いですね。おつまみも三百円台からで、お酒の種類も多いので、お好きなように楽しんでいただけます」と恵美子さん。
オススメは「おふくろ風豚角煮」(七百円)。約七時間煮込んだトロットロの豚肉に、食感がアクセントとなる大豆が添えられて、一度食べればヤミツキです。
 手軽な肴なら「おつまみにんにく2種盛り」(五百円)。「京都梅かつお」「長野薬膳みそ」の二種のニンニクが、これまたクセになる味。
他にも、ワイン好きには「えびのオイル焼き ベーカリー寛のバケット添え」(七百五十円)、日本酒や焼酎には「牛すじの煮込み」(六百円)に「豚もつ煮」(五百五十円)、この日の日替わり「青つぶ磯煮」(六百円)もおいしそう。みなさん、飲み過ぎにご注意を――。
宴会コースは最大二十人、一人三千五百円から。日・祝定休。午後五時から午前零時(ラストオーダーは午後十一時半)まで。
(取材・太野垣陽介記者)

ケロコのひとことメモ

オシャレでおいしいおばんざいのお店があると聞いて、行って来ました。居酒屋をイメージしていたら、違うんです。初めての人なら「わぁー」っと言っちゃう店内ですよ。
L字のカウンターには、見るからにおいしそうな鯖の味噌煮、かすべの煮つけ…。私の好きな料理ばかり。迷いながら注文すると、美しく洗練された盛り付けにも感激。日替わりも多いから、何があるかも楽しみです。
お店の方も気が利いていて安心、女性一人でも大丈夫。ぜひ、行ってみて下さい。