豊岡7ノ3

 豊岡にオシャレなカフェができたと聞いて、「EARLE COFFEE SHOP(アールコーヒーショップ)」さんにお邪魔しました。

 病院を改装したということで、外から一目でわかります。扉を開くと、高い天井に広々とした空間、オシャレな白塗りの壁が広がります。本棚にはコーヒーや建築、五、六十年代のアメリカ文化、芸術などたくさんの本がズラリ。

 「長い間、賃貸の貼り紙があるのを見ていて、いいなあと思ってたんです」とオーナーの得字(とくじ)充博さん(48)。専門的な部分以外は得字さん自ら改装に汗を流し、半年以上かけて今年四月にオープンしました。

 こちらのコーヒーは、厳しい審査をくぐり抜けた高品質な「スペシャリティーコーヒー」。東京のお店から豆を仕入れ、二種類のブレンド「ハイブレンド」「フルシティブレンド」(ともに四百円)は自ら東京まで行って特注。シングルの豆も数種類仕入れています。淹(い)れ方や抽出器具も豆に合わせて変えるこだわりぶりです。

 オススメで頂いたのは、「グァテマラ」(四百五十円)のアイスコーヒー。スキッとした味わい、しっかりとした香りとコク。コーヒーミルクは無糖練乳と牛乳を混ぜた手作り、ガムシロップも三温糖から作っています。アイスコーヒーも「ブラック派」の筆者ですが、入れてみるとコクとミルクの味わいが広がり、驚きのおいしさです。

 おやつには「ブラウニー」(二百四十円)。クッキーの載ったしっとり生地、中にはザクザクといい食感のナッツ。他にも、もちもちした「リエージュワッフル」(二百円)やチーズケーキ、ベーグルサンドなどもあります。

 「のんびりやりたいなーと長年思ってオープンしたので、お客さんにものんびりと、一人でぷらっと来て、何時間でも居座ってもらっていいんですよ」と得字さん。ゆるい雰囲気のお人柄と、オシャレなのに気を張らずにいられるお店。休みの日に、本を持って、また来よう――。

 定休日は毎週水曜日と第一火曜日。午前十時から午後八時まで。喫煙も可能です。(取材・太野垣陽介記者)

ケロコのひとことメモ

 本当に外観は病院そのまま。玄関も窓口があって病院、ドアを開けたら看護師さんが出てきそう…。

 と思ったら、とても居心地がよくオシャレです。1人でも入れるし、こだわりのコーヒーがとてもおいしい。

 私の超お気に入りは、「ニューヨークチーズケーキ」(400円)。スフレともレアともつかないこの感じ、大好き。

 ベーグルサンドもおいしいと聞いたので、次はそれを食べよう…と思っていら、やっぱりチーズケーキを食べてしまった。次は両方食べよう。