東旭川北1ノ5・TEL56-6445

 今日は旭川神社近くの「KAEDE CAFE(カエデカフェ)」さんにお邪魔しました。

 オシャレで広々とした店内。カウンターの前には、コーヒー豆がズラリ。約十種類の自家焙煎のコーヒーが店内で飲めるほか、テイクアウトや豆の販売もしています。

 フードメニューもこだわりがあります。「ハンバーグプレート」(七百八十円)、「ブラックスパイスカレー」(八百円)、どちらもお米は東旭川産、隠し味にコーヒーを少し加えて炊き上げています。

 ピザやパフェも気になりますが、「ママレードナポリタン」(七百八十円)をいただきましょう――。

 一口で驚き。名前の通り、ママレードを使用したオリジナルソースは何だか爽やかな香り。甘さとコク、あっさりとした酸味が絶妙です。シャキシャキのタマネギとピーマン、そして厚切りのベーコンも嬉しいですね。あっと言う間に、ごちそうさまでした。

 コーヒーは「カエデブレンド」(四百五十円)を。香り高く、やさしい甘みがスッと入ってきます。この飲みやすさ、ホッと一息つくのにピッタリです。

 オーナーの佐藤大地さん(33)は札幌の出身。奥さんの実家のある旭川に来たのは五年前。コーヒー好きが高じて自己流で勉強を重ね、四年前からイベント等に出店してきました。「イベントによく来てくれるお客さんから、『お店はないの?』『焙煎はやらないの?』と聞かれることが多かったんです。だったらどっちもやってしまおうと思い、夫婦で今年四月にオープンしました」。

 二人の男の子のお父さんでもある佐藤さん。店名の由来は、女の子が生まれたら付けようと思っていた名前なのだとか。「僕の名が大地で、奥さんがアキなので、秋に大地を彩る〝カエデ〟という意味なんです」。素敵…。

 お料理もおいしいので「どこかで修業していたのですか?」と尋ねると、「バイトしてたぐらいで、以前は全く関係ない仕事でした。そう考えたら、よく始めたよね」と笑う佐藤さんに、奥さんも笑顔――。

 水曜定休。午前九時から午後八時まで。十二月から二月は、午後六時の閉店です。(取材・太野垣陽介記者)

ケロコのひとことメモ

 ここのナポリタンとカレーが食べたくて、何度も通ってしまいました。この前は別なお店でパスタを食べた後、「デザートに」と言って、また食べに行ってしまった…。それくらいクセになるおいしさなんです。

 カレーを一口食べた時は甘いと感じますが、3分の1ぐらいまで食べると、「あれっ」とおいしさに気付きます。そして最後まで食べたら、もうやみつき。ナポリタンも、バランスが絶妙なんです。

 そしておいしい自家焙煎のコーヒー。お店に入るといい香りに包まれます。コーヒーゼリーもパフェもおすすめ。ぜひ行ってみて下さい。