豊岡4ノ2 TEL31―3098

 ここのパンケーキは、どうしてこんなに美味しいのだろう。たとえば「カラメルナッツ」(八百五十円)。フワッとした食感、控えめで上品な甘さ。ほろ苦いカラメルソースと香ばしいナッツが絶品だ。もともと、私はカミさんがどんなに勧めても、パンケーキには手を出さない。そんな私でも魅了された。

 パンケーキファンに人気の七条緑道「スヌス+カフェ」の姉妹店として、八月にオープンしたばかり。それなのに、お客さんが次々に訪れるのには納得だ。

 こちらのお店では、サラダ付きお食事パンケーキも提供している。「ベーコン&フライドエッグ」「生ハム&アボカド」など三種のセット(各千円)がある。添えられる熟成の生ハムや卵サラダなどとの相性は抜群。もはや、ボリューム感たっぷりの上質なランチだ。

 緑道店の店長でもある金谷真琴さん(53)が、オーナーとして自宅一階にオープンさせた。「昔いた調理担当の女性の味を引き継いだだけ」と謙遜するが、使っている小麦や卵などの食材は道産。注文を受けてから生地を練り、焼き立てを出す凝りようだ。だから、時間はちょっとかかるが、食べてみればそんなことも気にならないはず。

 金谷さんによれば、パンケーキで一番難しいのはうまく膨らませること。その日の湿度や温度によって混ぜ方やメレンゲの量を調節しなければ、うまくいかないのだとか。ちなみに緑道店ではフライパン、こちらでは銅板で焼いており、食べ比べるのも楽しみだ。

 夜はBarとなって、北欧風の心地よい空間でお酒も楽しめる。店名「スヌス」は、世界中で愛される童話「ムーミン」に登場するボヘミアン、スナフキンのフィンランド語の読み方だそうだ。

 定休日は水曜日(Barは水・日曜日)。営業は午前十一時から午後七時まで(Barは午後八時から十一時まで)。(フリーライター・吉木俊司)

ケロコのひとことメモ

 7条緑道にある、私の好きなお店「スヌスカフェ」。今度、豊岡にもできたというので、早速行ってみました。

 ここも、お洒落で素敵な空間。「スヌス」と言えば、パンケーキが人気。こちらにはそれだけでなく、お食事パンケーキも登場です。甘いパンケーキに、ベーコンとかソーセージは合うのかと思ったけど…。甘さ控えめのフワフワパンケーキに、合う!

 待っている間、北欧の食器や調理雑貨を見るのも楽しみ。渋いコーヒーカップだと思ったら、フィンランド・アラビア社製でした。