西神楽1線24号・TEL76-9825

 甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど、昔から栄養豊かな飲み物として知られている。この甘酒に、新鮮な野菜や果物をミックスして、さらにおいしく、さらに栄養満点な飲み物にしたのが、この店のコージー(糀から転化)ジュース。

 一番人気という豆乳きなこコージー(三百八十円)をいただいた。豆乳はちょっと苦手だけれど、あら不思議、豆乳臭さがまったくない。甘酒のやさしい甘さに、きなこがコクを効かせており、これはおいしい。まさに大地の恵みが詰まったヘルシーな一杯だ。

 最近は、スーパーなどでも甘酒が売られている。でも、ほぼすべてが過熱したもの。対して、こちらは旭川産米「ゆめぴりか」と西神楽産天然水だけを原料に、四十二時間かけた非加熱の甘酒。だから、酵素が生きており、美味しさは比べ物にならない。

 オープンしたのは今年五月。すでに、リピーターが多いというのにもうなずける。

 店主は、札幌出身の畠尾司さん(35)。高校時代から八年間、アマチュアボクサーとして活躍。体調管理と減量のために甘酒を飲むようになったという。それが高じて、自分で甘酒を作るようになり、とうとう開店に至った。甘酒の専門店は全国的にも少なく、もちろん旭川では初めてだ。

 メニューはこのほか、有機トマトとレモンを使ったトマトコージー(四百円)、小松菜とアボカド、キウイ、リンゴなどが入り、美肌や貧血防止に良いデトックスコージー(五百五十円)など二十種類近く。「これまでになかった新しい甘酒の飲み方を楽しんでください」と畠尾さん。

 僕のお薦めは、甘酒と美瑛産牛乳で作ったソフトクリーム(三百八十円)。あっさりとしていながら、コクがある。ソフトクリームは色々食べ歩いているけど、間違いなく五指に入るおいしさ。いい店、見つけた。

 定休日は水曜日。営業時間は午前十時~午後六時。(フリーライター・吉木俊司)

ケロコのひとことメモ

 おいしいジュースがあると聞いて、早速行ってきた。「コージー」という名前なので、浩二さんという人がやっているのかと思ったら違った。米こうじで作ったジュースなんだ。

 甘酒のジュースは体に良さそうだけど、美味しいのか…。野菜や果物とのコラボ。こうじも自分で作っているというから、かなりのこだわりだ。

 たくさん種類がある中から、まずはシンプルにフレッシュコージー。生こうじって、こんなに飲みやすくておいしいんだと感動。3種のベリーコージーも美肌にいいらしい。リピート決定だ。