東光5ノ7ノ3・TEL32-6333

 この店、美味しい料理はたくさんある。でも、まず紹介するのは、オーナーシェフ北川浩治さん(52)が「今まで食べたことがないような味ですよ」と勧めるハニートースト(七百円)。

 表面はカリカリ、中身はしっとり。かかったハチミツは、どこまでもやさしい甘さ。フランスパンは自家製、ハチミツは幌延町の養蜂家から特別に取り寄せた百花ハチミツ。「世界中のハチミツを食べ比べてきましたが、このハチミツはくせがなくて別格」と北川さん。わが家もハチミツ狂でロシア、キューバ、バリ島などでハチミツを買い求めてきたが、確かにおいしい。

 続いていただいたのは、メキシコの労働者の料理というナチョス(六百八十円)。タコチップと牛ひき肉、チーズを混ぜ合わせて食べてみると、ピリ辛の香辛料と生の紫玉ネギが刺激的で、ビールが進みそう。

 北川さんは、旭川出身。札幌の調理学校を卒業し、二十八歳のとき、カナダのバンフ国立公園の中にある村で一年間働いた。そこで覚えたのがこのメキシコ料理。その後、道内のいくつもの有名ホテルでコック、料理長として活躍。四年前、懐かしいバンフの名前をつけたこの店を開店した。

 モットーは、基本的なことを大事にすること。例えばガトーショコラ(四百五十円)とビーフシチュー。どこの洋食、洋菓子店でも一年中あるお馴染みだが、ここでは冬季限定。「本来、どちらも冬の味。うちではシチューにベーコンを付けあわせていますが、これも基本です」と北川さん。

 他にも、香辛料と食材を三十種類以上使うカレー類、卵を十個も使った一番人気のBIGオムレツ(九百五十円)などメニューは多彩。気に入った料理を見つけてください。 

 定休日は月曜日。営業時間は午前十一時半~午後二時(ランチ)、六時(土、日曜は五時)~十一時(日曜は十時)。(フリーライター・吉木俊司)

ケロコのひとことメモ

 オムライスもナポリタンもハンバーグもお気に入り。ダイエットしている私には危険なお店だ。

 先日行ったら、「ぜひハニートーストを食べてみて」と言う。頼んでみると、フランスパンを使っていて、アイスクリームも添えてある。ボリュームたっぷり。

 食べてびっくり。スッキリした甘さで、舌に吸い込まれていく。秘密はハチミツだった。ハチミツなんてそんなに違いはないだろうと思っていたのだが…。まずは食べてみて。

 他の料理も、もちろんおいしいです。