2条通7丁目

 一・二仲通り、マルカツデパートの奥に店舗を構える、あさひ川井泉二条店。同店では、井泉ロースかつ弁当(二千五十円)やヒレかつ弁当(二千円)、生姜焼き弁当(千三百五十円)など、メニューのほとんどがテイクアウトできます。

 同店の女将・伴野美幸さん(41)は、「お子様連れのお客様などが、テイクアウトをご利用いただいています。また、報道を見て多くの常連のお客様が当店にいらっしゃいます。“頑張ってね”と、声をかけてもらうことも多いですね。この状況でもお店に来ていただけるお客様に感謝して、今後も店内の消毒などの対策を徹底し、安心してお食事いただけるよう心がけていきます」と話しています。

 記者がいただいたのは、井泉ロースかつ弁当。国産豚のロース肉に粗めの生パン粉をまとわせ、独自にブレンドした油で揚げる、同店の看板商品。一本のロースから四~五枚ほどしか取れないという肉を、赤身と脂身のバランスが良くなるよう脂身をカットしているので、さっぱり食べられます。肉厚ながら柔らかい食感は、職人の仕込みによるもの。「ザクッ」とした衣も食べ応え十分です。千切りキャベツもたっぷり盛られているので、大人の男性でも満足できるボリュームでした!

 営業時間は午前十一時~午後九時(午後三時~五時は準備中。午後二時半、八時半オーダーストップ)。水曜定休。

 予約・問い合わせは同店(TEL0120―10―6622)へ。

 また、あさひ川井泉の出前センター(TEL23―2811)では、旭川市内どこでも、お弁当一つから配達しています。営業時間は、午前十一時~午後八時(午前九時受け付け開始)。電話のほかファクス(FAX23―2791)でも注文できます。(東寛樹記者)

2020年03月31日号掲載