4条通15丁目

 「いちにちじゅうあさごはん」がコンセプトのcafe sunaoは、今年の一月、銀座商店街の三・四仲通りにオープンしました。

 そのコンセプト通り、「ごはんのあさごはん」と「パンのあさごはん」(ともに六五〇円)が、どの時間に行っても食べられます。そのほか、フレンチトースト(六百円)やピザトースト(四百円)などもあり、店内で提供しているメニューのほとんどがテイクアウト可能です。

 記者がいただいたのは、テイクアウトでしか食べられない「無添加タコライス(目玉焼き乗せ)」(五百五十円・限定八食)。おコメには、東旭川・高倉さんの七分づきななつぼしを使用し、その上に有機トマトと道産の合いびき肉(牛・豚)、ミックスビーンズがたっぷり入ったタコミートがのっています。一緒にのせられたチーズとの相性も抜群! 比布町・かっぱの健卵の目玉焼きと一緒に食べると、さらに深い味わいが楽しめます。また、辛さが控えめで、子どもも食べられるのも嬉しいです。

 店主の谷越亜紀さん(39)は、「テイクアウトを利用いただくお客様が徐々に増えてきています。定番メニューに加えて、きょう(四月二日)の“りんごあめ”のように、来てくれるお客様が楽しい気持ちになるようなメニューを、今後も考えていきたいですね」と話しています。

 営業時間は、月~木曜日が午前七時半~午後六時(テイクアウトは四時まで)、金・土曜日が午前十時半~午後十一時(テイクアウトは九時まで)。日・月曜日定休。 テイクアウトの際は、持ち帰り用の容器(百円)もありますが、容器を持参するといいでしょう。

 ごめんなさい。同店は、きょう七日(火)から二週間ほど臨時休業となり、営業再開については、店頭の張り紙やSNSなどで確認できます。

 予約・問い合わせは、同店(TEL64―6447)へ。(東寛樹記者)

2020年04月07日号掲載