東光9条3丁目

FMりべーるのマダム・ケロコさんが付けた愛称は“かわいい魚屋さん”。

 テイクアウトの「おまかせ刺身盛り合わせ」の一番人気、二千円(税別)と三千円(同)の盛り合わせはサービス満点、お得感満載。二千円はたっぷり四人前、三千円も六人で十分楽しめます。

 店主の大和田忠司さん(67)は「盛る魚はまかせてもらいますが、十種類は用意しています。リピーターのお客さんは多いですよ」と笑顔で話します。

 大和田鮮魚店は来年、創業五十年を迎えます。東光にあったストアーの魚屋に勤めていましたが、閉店。当時十八歳だった大和田さんは、若いモン二人を引き連れて開業しました。現在、魚屋の看板を掲げる店は市内に五十店ほどありますが、独自の店を構えて営業しているのは大和田鮮魚店だけ。たくさんの常連客に支えられている証拠です。

 店には口コミやインターネットで評判を聞きつけ、市内はもとより富良野や和寒、士別などからもお客さんがやって来ます。名の知れた料理店や寿司屋、居酒屋など約三十店舗にも納品しています。新鮮で品揃えが豊富だからこそ続いている取り引きですね。

 毎朝四時、大和田さんは市場に車を走らせて魚を仕入れます。「大和田鮮魚店の刺身を食べると、他の店から買う気になれない」という声をよく聞きます。高級店の新鮮な刺身を家庭でも――。

 予約は当日でも可(TEL34―3082)。営業時間は午前九時~午後五時。定休日は日曜日と祝日。(佐久間和久記者)

2020年05月12日号掲載