5条通7丁目

 五条通と昭和通の交差点の角にある北の酔り処は、新鮮な道産の食材を使った料理が楽しめる居酒屋です。ラムジンギスカンや、ジャガバター、鮮魚の刺身など北海道らしいメニューに加えて、「せんべろ(千円でべろべろに酔える)」のセットなどもあります。

 同店がテイクアウトのサービスを行うのは初めて。「これまで、常連のお客様に注文いただいてお弁当を作ることはありましたが、大々的に行うのは初めてです」と店主の宍戸拓也さん(33)は話します。

 テイクアウトは、昼のお弁当(八百円)と夜のお弁当(五百円)のほか、同店ホームページ(https://www.kita-yoridokoro.com/)に掲載されているメニューも、相談に応じてお持ち帰りできます。

 今回、記者がいただいたのは夜のお弁当。カボチャやシイタケなどの煮物、ホタテ煮、マグロのステーキ、焼き鮭、ニンジンとショウガのナムル、唐揚げなど豊富な品数です。「お弁当の内容は日替わりですが、常にバランスを考えて作っています。予約時に言ってもらえれば、食材などの希望にもお応えできます」という宍戸さんの言葉通り、野菜、魚、肉のおかずがバランスよく詰められています。さらに、ご飯が十五穀米ということもあり、美味しいのはもちろん、身体にもいいものを食べた、という満足感がありました。

 昼のお弁当も料理は日替わりで、ボリュームたっぷりの内容。夜のお弁当とはまた違った満足感が得られます。

 現在は短縮営業中で、午後五時~同十時(午後十時ラストオーダー)。日曜定休。

 昼のお弁当は、前日の午後十時までに電話(TEL74―5747)かファクス(FAX74―5748)での予約、夜のお弁当は、来店の四十分前までに電話での予約が必要です。(作田穂菜美記者)

2020年04月14日号掲載