自伝的小説『道ありき』で、作家・三浦綾子が恋人の前川正と一緒に歩いた春光台へと通じる坂道について、郷土史愛好家と三浦文学ファンが調査し、「ここに間違いない」と公表した。その見学会が九日、十二人が参加して行われた。探し当てた坂道は、中原悌二郎記念彫刻美術館(旧偕行社)の横から春光台に向かって約一・五キロの地点を登り口とした緩やかな道だ。登り口付近はクマザサに覆われているが、春光台公園へと通じる坂道を登り切ったところには、数百メートルにわたり道の跡が残る。一九五〇年頃、三浦が前川と歩いた道をたどる見学会を取材した。

記事全文 »