新酒の仕込みが始まり、年末年始に向けて酒蔵が慌ただしくなる季節。髙砂酒造(宮下十七)では、毎年恒例の菰樽(こもだる)づくりが最盛期を迎えている 記事全文 »