「遺族を通して遺品として届いた数種類の茶道具や美術図鑑などを希望する学校や教育機関、市民団体に寄贈したい」と、「きた北海道・遺贈寄付のひろば(いぞうひろば)」の事務局・佐藤綾乃さんが呼び掛けている。 記事全文 »