七月の上旬、庭の小さな畑の上を赤トンボがたくさん飛んだ。トマトやナスの支柱に止まって羽を休める姿もずいぶん見た。「今年は、珍しくトンボが多いね」と家人と話したものだ。ところが七月下旬になると、あんなにいたトンボがパタッと姿を消した。それは、米農家が害虫防除を目的に水田に農薬を撒き始める時期と重なる。

記事全文 »