十二月四日号の小欄で、片山善博・前鳥取県知事、元総務大臣が「世界」十二月号に書いている「日本は法治国家か―消費税率『首相判断』報道にみる租税法定主義の崩壊」を引いて、安倍政権がこの国を専制・独裁国家に導こうとしているのではないか、と書いた。 記事全文 »