福島県いわき市で生まれ育った獣医師・武藤健一さん(68)に誘われて、フクシマを訪ねる旅(五月二十八―三十一日)のリポート三回目。

現地でガイドをお願いした「被災地フクシマの旅」実行委員会の渡辺勝義さん(65)の案内で、浪江町から国道六号線を南下。東電福島第一原発が立地する双葉町、大熊町を経て、富岡町に入った。

記事全文 »