十一月十二日号の小欄で、旭川市が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「創造都市ネットワーク」のデザイン分野で認定を受けたのに、西川将人市長は記者会見も開かず、認定決定の夕刻、市長のコメントが添付された「報道依頼」のメールが届いただけ。「西川市長は、内心は嬉しくないのかも知れない、もしかすると迷惑なのかも知れない、と疑いたくなる」と書いた。 記事全文 »