4条通7丁目

 四条本通沿いの「カフェ&バー ベアトリーチェ」が、四月二十日に「べあ鶏ぃちぇ」としてリニューアル。「ふわとろオムライス」(六百円)や「名寄産ひまわりポークの生姜焼き」(六百五十円)、「昔ながらのカレーライス」(五百円)などのメニューがテイクアウトできます。

 中札内産の卵を使った「ふわとろオムライス」は、ライスがケチャップとバターの二種類、ソースがデミグラス、カレー、トマト、ホワイト、ホワイト&トマトの五種類から選べ、十パターンの味の組み合わせが楽しめます。記者はケチャップライスとトマトソースでいただきました。その名の通り、スプーンからこぼれ落ちそうなほどトロトロのタマゴの下には、鶏肉入りのケチャップライスがたっぷり二五〇㌘。自家製トマトソースとの相性もバッチリ!ほかの味の組み合わせも気になるところです。

 「まちなかで働く方を応援する気持ちを込めて、メニューや価格を設定しています。実際、近くの企業などから、まとまったオーダーをいただくこともあり、大変ありがたいですね。また、『ランチで野菜を食べるようにしている』というお客様もいるので、おまかせカップサラダ(百円)も用意しています」と同店オーナーは話します。

 当面はテイクアウトのみで、営業時間は午前九時~午後三時(テイクアウトの受け付けは午後一時半まで、受け取りは午前十一時~午後二時)。土日祝定休。

 予約・問い合わせは、同店(TEL73―9538)へ。

 また、姉妹店の「和食居酒屋 まるにせきぐち」(二ノ七、TEL27―3366)でも、テイクアウトのサービスがスタート。「ガリサバ弁当」(七百円)など、同店こだわりの「和」のお弁当が手軽に味わえます。(東寛樹記者)

2020年05月12日号掲載