老舗菓子店の「にちりん」(八条買物公園)が、きょう十四日から、「新ヨモギ」の商品を本格的に販売する。

 ヨモギの新芽が出てくる今の時期にだけ、新鮮な“生”のヨモギが味わえる、同店の春の風物詩。四月から問い合わせがあるなど、「新ヨモギ」を待ちわびている常連客が多いという。

 今月中に、同店で一年間に使用するヨモギ約五百㌔を、近郊の山などで採取。釜ゆで後、ソフトボール大にまとめて冷凍保存する。社長の井上美由紀さん(63)は、「初摘みは例年と同じぐらいのタイミングでしたが、ヨモギの生育は少し早いかなという印象です。皆さん待望の新ヨモギの商品が今年も店頭に並びます」と呼びかけている。

 新ヨモギを使った商品は、よもぎ大福(つぶあん・こしあん/各百六十円)と切り餅(八切れ/四百円)。今月末まで販売される予定だ。

 同店では、店頭での取り置きや市内の配送(三百円/回)にも対応するほか、ダイイチ花咲店(市内春光一ノ八)でも一部商品を販売している。

 商品の予約や問い合わせは、にちりん(TEL 22―2094)へ。(東寛樹)