「表現の不自由展」報告会が、二十九日(水)午後七時から、まちなかぶんか小屋(七条買物公園)で行われます。チーム今だからの主催。

 「表現の不自由展」は、検閲や規制などで表現の場を奪われた作品を集めて展示するプロジェクトとして二〇一五年からスタート。公共の施設や空間で、「抗議が来るおそれがある」というだけで展示作品が撤去されるなど表現の機会を奪われる事態は、憲法が明確に禁止する「検閲」にあたる重大な問題と考え活動しています。

 一九年に「あいちトリエンナーレ」の企画展として開かれた同展は、批判が殺到して展示開始から三日後に中止に。昨年六月に予定していた東京での開催にも抗議が相次ぎ、今年四月に延期して開催されました。同展実行委員の岡本有佳さんが「報告会」として、これまでの活動について話します。

 参加費は五百円で、定員は三十人。予約・問い合わせは、松浦さん(TEL080―5720―4367)へ。