4ノ7 電話25-3536

画像 今年で十一年目を迎えるビストロです。オーナーシェフの中越康博さん(43)はフレンチ、イタリアンに加え、中華の経験もあり。料理なら何でも来いの敏腕シェフです。

 七月からランチを始めました(月~金、午前十一時半~午後二時)。今まで夜しか味わえなかった梅寿宴の料理が、一層手軽な価格で楽しめるとあって、好評を博しています。メニューはイタリアン、洋食、中華、フレンチの四種類があります。

 「イタリアン」(八百五十円)は、おまかせパスタにサラダ、ドリンク付き。「洋食」(価格は内容により変わります)はハンバーグ、海老フライ、グラタンなどのメイン料理にスープ、サラダ、パンorライス、コーヒーが付いています。サラリーマンに人気の「中華」(千円)は、五目あんかけ焼きそばor中華飯に、卵スープ、ドリンク、デザート付きです。

 写真は取材当日の「フレンチ」(千二百五十円)。メイン料理は秋鮭のグリル。その周りを飾るように、彩り鮮やかな野菜が添えられた、美しい一品です。スープ、パン、コーヒー付き。メイン料理は肉と魚が週代わりで入れ替わるそうです。

地図 夜は午後五時半から十一時まで(ラストオーダー十時半)。本格的なイタリアン、フレンチがお手軽な価格で楽しめます。シェフの中華の腕を生かした「ラーメン」が、隠れた人気メニュー。しょうゆ、しお(各六百五十円)、みそ(七百五十円)のほか、広東麺(九百円)や海鮮湯麺(九百五十円)もあり、本格的です。

 ボトルワインは千三百五十円(ハーフサイズ)から取り揃え。生ビール(中ジョッキ)は四百八十円です。日曜定休。

ケロコからひとこと

 いつも通っている昭和通り。梅寿宴は夜だけだと思っていたのに、ランチの文字が…。早速行ってみました。

 その日のパスタランチは和風パスタ。真ん中に卵がのっていて、からめて食べたらおいしかったこと。久々のヒットという感じです。

 感動したのはセットになっているサラダ。菜っ葉をちぎって器に入れれば良いだろうという手抜きサラダが多い中、ここのはお見事! しっかり冷やした野菜が、数えてみると十種類。ドレッシングもさわやか。これだけを見ても、この店のレベルの高さがうかがえます。

 別の日に食べた中華ランチの五目あんかけ焼きそばに付く卵スープも最高。行く価値ありのランチです。