緑町22丁目
TEL53-5300

 この通りには、何軒ものラーメン店があって、旭川の新しい「ラーメン街道」と呼ぶ人もチラホラ。今回お邪魔した「ラーメンダイニング 粋や」は、十二日にオープンした新顔です。

 オーナーの本保(ほんぽ)智徳さん(24)は、四川味噌ラーメンが人気の春夏冬で修行して、自身の店を開業しました。店内は、ゼブラ柄にヘヤラインの木目が綺麗な壁で、ラーメン店を連想させないシックなつくり。「女性が一人でも入りやすい店を目指しました」と話します。

 おススメの「粋麺IKIMEN」(七百五十円)塩を注文=写真。出てきたラーメンのトッピングに注目。たっぷりのキクラゲに、メンマ、ネギ、桜エビ、そして焦げ目の付いたチャーシューと、見た目がキレイ。チャーシューは角煮のようにトロトロ。焦げ目があるのは、炭火で焼き上げているからです。具の間から出てきた麺は「んっ茶色い!?」。色の秘密は道産小麦「はるよこい」一〇〇パーセント使用している麺だからです。

 スープは豚骨ベースで、コンブに野菜と、自店で仕込んだコラーゲンをたっぷりブレンドしています。麺に絡み易く、化学調味料は一切使用しないというこだわりで、やさしいのど越し。

 店名にダイニングとあるように、ラーメンだけではなく、焼酎などのお酒も充実しています。これから徐々に一品料理も増やしていく予定とのことです。

 午前十一時から午後九時まで営業。不定休。 (取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 新しいお店、とくにラーメン屋さんができたと聞いては行かないわけにはいきません。ラーメンは好みもあるので、大きな期待を持って行ったわけではないけれど――。新しいから当たり前ではありますが、店内は清潔でセンスが良い。

 肝心のラーメンは、麺も好み。スープはくどくなく旨味が深い。

 気になったのは「卵めし」に「納豆めし」。ラーメンと納豆は合うのか…と思ったけれども美味しい! どちらもタレに秘密があるようです。

 オープン記念にサービスでもらった上富良野の和田牧場のアイスもさっぱりとしていて美味しかったです。