高砂台3 旭川パークホテル7F
TEL60-1010

 旭川市内を一望できる高砂台のホテル「旭川パークホテル」は一時閉館していましたが、新しく生まれ変わってオープンしました。最上階のレストラン「ルミネ」で、ランチバイキングが味わえるようになったというので早速お邪魔しました。

 エレベーターを降りてレストランに入ると、「わ~っ」。あまりの景色の良さに声をあげてしまいます。旭川の端から端まで、ぜーんぶを見渡せる絶景です。

 バイキングの値段は七百円。魅力的な価格です。今月のメニューは、中華と和食が中心です。長いカウンターに三十種類ほどの料理が並びます。

 カリッと揚がったエビフライやメンチカツにエビチリ、オクラの天ぷら、野菜のかき揚げなどなど。オクラの天ぷらはカリッとネバーの食感が良いです。エビフライのタルタルソースも美味しい。近郊の農家から仕入れた野菜はサラダスティックに。

 ご飯ジャーの近くには、タラコ、松前漬け、塩辛、昆布巻き、梅干、納豆、生卵などのご飯のお供の王道が勢揃い。「ご飯、何杯食べられるのかしら―」と心配になってしまいます。

 コーヒー、お茶、デザートもあるので食後の会話も弾みそう。天気の良い日に素敵な景色を眺めながらお得なランチで目と胃袋を満足させてみてはいかがでしょうか。

 ランチの営業時間は午前十一時半から午後二時まで。(取材・那須日奈子)

ケロコからひとこと

 景色というのもご馳走なんだなぁと、しみじみ感じるのがこのレストランです。パークホテルが閉館したと聞いて、残念に思っていたのは、この見晴らしのいいレストランでランチを食べることができなくなったこと。それが、また始めたと聞いたので早速行って来ました。

 今度のレストランは、ランチバイキングをやっています。しかも七百円。揚げたての天ぷらが美味しくて、あれもこれもとちょっとずつ食べられるのがバイキングの良いところ。

 土・日は、十人以上の予約ならこの空間を貸し切ることもできるそうです。おばさんの集まりをしようかな?

 何より気に入ったのが接客。さすがホテルです。