3ノ5 TEL22-8182

 夜のサンロク街をふらりふらり。長年通っている人は、さらに一丁進み仲通の店に消えていきます。「あぁ、あそこは美味しいよ」と口コミで訪れるお客さんと、常連さんで賑わう「飲み喰い処 本多」にお邪魔しました。

 今年で三十一年の暖簾を守るのは、本多孝男さん(66)。ズラリと並ぶ地酒の一升瓶、カウンター越しに店内を見つめる「おかめひょっとこ」のお面がなんとも良い感じです。

 ショーケースに並ぶ食材はどれも手のひらからこぼれ落ちそうなビッグサイズ。ゴロンと立派な牡蠣は厚岸産。年中味わえます。隣には霜降りの和牛も。ステーキが人気です(百八十㌘・二千六百円)。ニョロリニョロリと大きな体を動かすツブはお刺身で(千三百円~)。

 席に着いたら出てくるのが、お通しとご主人特製の漬物。今時期はナスとキュウリ。秋にはニシン漬けが出ます。プリッと歯ごたえのあるナスの漬物で胃袋の準備体操完了。「さぁ、美味しいものをじっくり味わうぞ」となるのです。

 ぜひ注文をとすすめるのは、肉豆腐(八百円)。そして、旬の煮魚です。この日はサバの味噌煮がありました。眼がキラキラで鮮度が良いのが一目瞭然なキンキ=写真=は酒蒸しでどうぞ(三千五百円~)。

 海のもの。山のもの。どれも美味しく味わえます。

 宴会は五人から、十八人ぐらいまでOKです(料理四千円から)。

 営業時間は午後五時から十一時まで。月曜定休。

(取材・那須日奈子)

ケロコのひとことメモ

 ずいぶん前から、近くを通るたびに気になっていたけれど、なかなか行くチャンスがなくて…。やっと行ってきました。

 ここはレベルの高いお店です。ショーケースの中を見れば大体わかります。新鮮で美味しそうなものがいっぱい。旬のものがズラリ。

 よく見たら私の好きなものだらけ。でも行ったのがサンロク祭りの真っ最中。色々食べてしまった後だったので、いつもの食欲がなくて残念でした。

 お刺身も牡蠣も鮮度抜群です。牡蠣なんてサクサク音がします。隣の人が大きなステーキを食べていて、ものすごく美味しそうでした。次は肉も魚もお腹いっぱい食べます。