4ノ7、トラストビル1F・TEL73-9538

美味しいものをたべるためには、僕もこだわる。だけど、食材を手始めにここまでこだわっている飲食店は、旭川でもあまりないのでは。店は三月にオープンしたばかり。しかし、早くも女性客を中心ににぎわっているというのもわかる。

例えばこの店で出される食材は、コーヒー豆はヨシノリコーヒー(東川)、お茶はUSAGIYA(旭川)、パン・パン粉はベーカリー寛(同)、チーズは伊勢ファームの青いチーズ(同)、トマトは無農薬・有機「輝赤」(同)、豚肉はひまわり畑ポーク(名寄)といった具合。
それだけではない。テーブルやいすは旭川家具、炊飯器は羽釜、トースターはスチームで焼くバルミューダと、どれもこれも知る人ぞ知る逸品だ。

店をプロデュースしているのは、伊藤洋介さん(39)。もともと食べ歩きが大好き。「自分でおいしいと思った地域の食材を集めた、アンテナショップみたいな店を開きたい」と考えたのだとか。

いただいたハニートースト(千四百八十円)は、絶妙に焼かれた食パンの中に、アイスクリームや果物をたっぷり詰め込んだもの。続いて、名寄産ひまわり畑ポーク厚切りステーキバルサミコ赤ワインソース(千七百八十円)。豚肉本来の濃厚なうまみが口の中に広がって、幸せとしかいいようがない。

このほか、つなぎとソースにオレンジを使ったオレンジハンバーグ(千二百八十円)、牛肉一〇〇%ミートソースたっぷりのスパカツレツ(千二百五十円)など、メニューには意欲的な料理が並ぶ。カフェ&バーというより、贅沢なレストランだ。使っているものが半端ではないだけに、価格はちょっと高い。でも、何度も通いたくなった。

定休日は日曜日。営業時間は午前八時~翌日午前一時。(フリーライター・吉木俊司)

ケロコのひとことメモ

暖かくなってきたから、早起きして出かけた。そしたら、8時からと書いてある見慣れぬカフェ発見。入ってみた。

スッキリしてお洒落な店内。モーニングセットもある。ちょっと高いかなと思ったけど、聞いてみたら素材にこだわっている。コーヒーもおいしい。トーストには無塩バターと蜂蜜が添えてある。ランチもいい。無料のデトックスウォーターがまたおいしい。

夜も遅くまで営業。二次会のあと、ちょっとコーヒーを飲みたいとき、ちょっと食べたいときにぴったり。