旭川市緑町12丁目ABCヴィレッジ2F

TEL73―7525

 旭西高のグラウンドが目の前に見える緑町の住宅街にあるベローズ・フィールド・ビーチにお邪魔しました。

 ウッドハウス調のビル二階のお店は、使い込まれた木の風合いがお洒落で居心地の良い気分にしてくれます。オーナーの常見俊雄さん(30)が、東京や市内のレストランで腕を磨き、今年九月にオープンしました。

 店の代名詞とも言えるのがハンバーガー。値段はどれも千円以上。そこには並々ならぬこだわりが込められています。道産牛肉百%のハンバーグ、パンには十勝産の超強力小麦「ゆめちから」を使い、付け合せの一品まで、冷凍食品などの手抜きを一切しません。「小細工出来ないのがハンバーガー、クオリティーの高さでは負けません」と常見さん。

 人気の「林檎ベーコン&チーズバーガー」(千二百八十円)をいただきました。そのボリュームにビックリです。上からパン、ベーコン、チーズ、ハンバーグ、トマト、レタス、そしてパン、なんと高さは十四㌢もあります。

 やはりハンバーガーはかぶりつくもの。大口を開けてほおばると、粗挽きのハンバーグからジュワッと肉汁があふれます。林檎の木でスモークした香り豊かな厚切りベーコンがチーズとよくからみます。これはハンバーガーと言う名の立派な料理です。ファーストフードやジャンクフードじゃない、本物のハンバーガーをぜひ一度お試しあれ。

 ランチ午前十一時から午後四時、ディナー午後六時から十一時まで。火曜定休

(取材・草嶋一介記者)

ケロコのひとことメモ

 ハンバーガーが1280円。一体どんなハンバーガーなんだろう…、夢のようにおいしいんだろうか…、そう考えると行かないわけにはいかなくて、行ってきました。

 林檎ベーコンと言うからリンゴがサンドされてるのか、嫌だなぁと思ったら、林檎の木で燻製にして、リンゴ果汁を混ぜたベーコンだった。

 高さ14㌢は、私の上品な口では食べにくかった。でも、パンもベーコンもパテも本物。確かにおいしい。食べてみる価値ありのハンバーガーだ。