豊岡6ノ10・TEL74―7749

 豊岡の住宅街、どこか懐かしい三角屋根のお店があります。名前も愉快な「カフェ ブー」さんにお邪魔しました。

 お店に入って納得、かわいい豚の置き物がたくさんあります。「豚の『ブー』の意味もありますが、英語で驚かせる時に言ったり、恋人を表わす時にも使うようですよ」と店主の小林三帰さん(50)。「置き物もお客さんが買ってきてくれて、どんどん増えてるんです」と、娘の麻優さん(24)。親子で切り盛りしているんですね。

 人気の「鉄板ナポリタン」(八百八十円)がジュージュー音を立ててやってきました。なんと大盛りでも同じ価格です。早速、いただきます――。

 シャキシャキのタマネギの食感と甘み、タマゴの優しさとコショウがアクセント。とにかくアツアツですが、夢中で食べてしまうおいしさです。

 続いて、男性に人気の「フォンデュ風チーズカレー」(九百八十円)です。たっぷりのチーズと半熟タマゴが魅力。スパイスの香りも辛さも本格派ですが、どこか家庭風の優しさが詰まっています。「辛さの割には食べやすいので、子どものお客さんも食べていますよ」と三帰さん。今月末からは、もっとスパイシーな黒いカレーも始めるそうです。

 昨年七月に開店、それまでは子育てをしながら料理の仕事などを経て、夢だったカフェを娘さんと二人でオープンしました。子どもからお年寄り、近所のママさんたちもよく来店するそうです。

 「一人でカウンターでお話してもいいですし、お友達とでもいいですし、気兼ねなく長居して欲しいですね」。明るいお母さんとおっとりした娘さんの、アットホームな雰囲気と温かさに、ついつい長居したくなるお店でした――。

 日曜定休。午前八時から午後七時まで。食べ物の注文は、モーニング(午前八時から十一時)の時間帯ではドリンク付、ランチ(午前十一時から午後三時まで)はドリンクとサラダまたはスープ付です。
(取材・太野垣陽介記者)

ケロコのひとことメモ

 店名を見て笑いましたけど、太り過ぎた私にはぴったり。ステキな一軒家のお店です。雰囲気も良く、働いているのはお母さんと娘さん。食べる前からおいしい予感がしました。

 メニューを見て、すぐに「鉄板ナポリタン」に決定。ジュージューいって出てくると嬉しくなります。懐かしい赤ウィンナーも入っています。

 友達が食べたハンバーグも、柔らかくてジューシー。料理好きの奥様なんですね。朝8時から開店してるので、今度はモーニングしに行こう――。